包茎手術の種類について

- 包茎手術の種類について

包茎手術の種類について

クリニックで受けられる包茎手術には幾つかの種類があり、包茎の状態によって最適な方法を選択します。
もし包茎手術を受けるなら、一応どんな種類があるのか把握しておいた方が安心して手術に挑めるでしょう。

一般的な方法は切除手術

包茎手術で一般的な方法はやはり切除手術で、これは仮性包茎、真性包茎、カントン包茎、全ての包茎に用いられる方法です。
切除と聞くと傷痕などが気になる所ですが、最近は技術が発達したおかげで切除でも綺麗な仕上がりを期待出来ます。
ただし切除のようにメスを用いる手術は医者の技術で結果が大きく変わるので、なるべく技術のある医者に手術を頼むべきです。


切らずに包茎を手術する方法もある

最近は包皮を切除しないやり方も流行っていて、これは切除よりも傷痕が残りにくいし術後の痛みも軽減出来ます。
方法としては人工的にシワを作って包皮を根本に引き寄せる事で、意図的に包皮が亀頭を覆わないようにします。
包皮を一切切除しないので包皮の長さはそのままに丁度良い所で包皮が固定されるので、包皮は残しておきたいという人にオススメの方法でしょう。

矯正道具でも治療出来る?

次はクリニック以外での治療方法についても一応言及しておきます。
世の中には多数の包茎矯正道具がありますが、そのどれもが医学的に効果が証明されている訳ではありません。
また、道具は個人差が大きいので言うまでもなくクリニックのような確実性は期待出来ないはずです。
仮性包茎くらいなら道具でもある程度の効果は期待出来るかもしれませんが、重度の包茎を道具で完璧に直すのは相当に難しいです。

カウンセリングで手術の方法を選択しよう

クリニックで手術するなら、切除した方が良いのか切らずに治療する方法が良いのかカウンセリングでしっかり確認しましょう。
もしも自分が包皮を切らない方法を望んでいても、包茎の状態によっては切除の方が適している場合もあります。
だから望む方法を押し通すのではなく、医者と話し合って最適な方法を選択するのが最善策。
そして巷にある矯正道具は確実性が低いので、やはり包茎の手術ならクリニックで受けるのが一番なのです。