誤解してはいけないポイント

- 誤解してはいけないポイント

誤解してはいけないポイント

包茎手術をするなら、包茎や包皮についての知識はなるべく蓄えておいた方が良いでしょう。
やはり間違った知識のままクリニックで手術をすると、後悔するような事になりかねません。
という事で、今回は包茎と包皮の問題を中心にして包茎手術で誤解してはいけない点についてお話致します。

包皮は切除すれば良いという訳ではない

真性包茎やカントン包茎は要するに包皮が長すぎて亀頭を覆っている状態です。
ざっくり言えば包皮が長すぎると色々とデメリットがあるから、切除すればそのデメリットを解消出来るという結論になります。
ただし、包皮は短ければ短いほど良いという訳でもなく、むしろ包皮は大切な物だという意識は捨てないで下さい。

包皮は陰茎を保護する役割を持ちますし、重要な性感帯でもあります。
だから包皮を切除すれば保護能力は落ちるし、感度が落ちれば性交に支障を来たします。
特に包皮はグラインド機能を備えていて、程よい摩擦を生み出すからこそ射精に至るような刺激を味わえる訳です。
だから包皮を切除すると、場合によっては術後に感度が落ちて性交における満足度が下がるデメリットがゼロではありません。

仮性包茎なら手術をしない手もある

包茎だと衛生面など色々なデメリットがある、かと言って包皮を切除するとそれはそれでデメリットがある。
そうなると一体どうしたら良いんだという話になりますが、そこは包茎の程度によって判断するべきでしょう。
もし真性包茎とカントン包茎なら包茎状態におけるデメリットが大きすぎるので、包皮を切除した方が総合的なメリットは大きくなります。
しかし軽度の仮性包茎の人が治療をすると、ただ感度が下がってしまうだけの恐れもあります。
線引はちょっと難しいかもしれませんが、とにかく本当に軽度の包茎なら敢えて手術をしない選択をするのも間違いではありません。


包茎は重度であればあるほどメリットを得られる

つまり手術する場合、重度の人の方が得られるメリットが大きく上回るという事です。
包皮の問題はともかく、真性包茎だとそもそも亀頭に刺激が伝わらないので、それもやはり感度の問題に繋がるでしょう。
そして包茎は包皮を切除する手術だけど、包皮は陰茎の機能において重要な役割を担っている、その点だけは誤解しないようにして下さい。