度合いについて知っておこう

- 度合いについて知っておこう

度合いについて知っておこう

包茎は大まかに4つの種類に分けられ、その度合いによって包茎手術をする必要性が変わってきます。
軽度なら無理して包茎手術をしなくても良い場合があるので、自分の度合いについて詳しく知ってみましょう。


1型亀頭完全露出と2型中等度露出

1型亀頭完全露出は非包茎の状態を言い、常に包皮が向けている状態ですので、1型の人は治療を施す必要はありません。
つまり包茎の手術をするなら1型亀頭完全露出を目指す事になりますが、手術を受けていないのに1型に該当している人はとても少ないです。
そして2型中等度露出は軽度の仮性包茎のような状態で、言葉通り亀頭が半分ほど露出しているなら2型に当てはまります。
2型なら亀頭が半分は露出しているし、自力で簡単に剥けるので性交にも問題は無く、手術が絶対必須になる状態ではありません。
また、2型の場合は自分で剥かなくても物理的な接触で勝手に剥ける事もあり、限りなく1型に近い状態と呼んでもおかしくはないでしょう。

3型仮性露出と4型真性包茎

3型仮性露出は大半の日本人に当てはまる包茎で、2型が軽度の仮性包茎なら3型は重度の仮性包皮に分類されます。
具体的には勃起すれば亀頭がほとんど露出するけど、普段は亀頭の大半が包皮で覆われている状態です。
もし自分で包皮を簡単に根本まで下ろせるなら性交で問題が起きる事は少ないとはいえ、3型だと清潔さを保つのは結構大変でしょう。
また、常に亀頭の大半が包皮で守られているので、亀頭が刺激に弱く感度も鈍くなっていますし、早漏の原因になったりします。
そして2型と3型が仮性包茎なら4型は真性包茎となり、これは通常時も勃起時も亀頭がほぼ完全に包皮で包まれている状態です。
4型でも包皮を自力で剥けるなら3型とも言えますが、自力で剥くのが無理なら完全な4型であり、性病のリスクが高い深刻な度合いになります。

3型と4型なら早めに手術をする

非包茎の1型は別として、2型は手術をしなくても問題ない仮性包茎と言われています。
もちろん手術しても良いのですが、実際に手術をしても術後に大きな変化は感じられないかもしれません。
だからクリニックで手術をするべきなのは3型と4型、という事になります。