包茎を改善する意味とは?包茎手術をしよう!

- 包茎を手術する意味と目的について

包茎を手術する意味と目的について

包茎だから包茎手術をしたい、でも包茎手術をしたら何がどう変わるのかイマイチ分からない、という人が居たとしましょう。
中にはこういう漠然とした気持ちで包茎の治療をする人も居る訳ですが、包茎を治療する意味や目的を知らずに手術を受けるべきではありません。
もちろん包茎手術にはメリットとデメリットがありますが、良し悪しは別としてその意味と目的もしっかり把握してから手術に挑んだ方が良いでしょう。


包茎を改善する意味について

そもそも包茎治す意味って何だろう? と考えた事はあるでしょうか。
代表的な例はコンプレックスの解消であり、コンプレックスの解消は自信に繋がります。
だから包茎がコンプレックスというのであれば、ただそれだけの理由で包茎の手術をする事にも大きな意味はあります。

しかし感情的な話を除外すれば、包茎を治療する一番大きな意味は陰茎機能の改善にあります。
仮性包茎なら大きな問題はありませんが、真性包茎やカントン包茎だと性交に多大な悪影響を及ぼします。
もちろん亀頭を露出させないと性交は難しいし、包皮が余りすぎていると早漏の原因にもなります。
そして性交がちゃんと出来ない、という現実こそが包茎に対するコンプレックスに繋がる訳です。
従って、わざわざお金を払って包茎状態から脱却する意味は性交時における問題を解消する事が大半を占める、という結論が導き出される訳です。

包茎を改善する目的について

真性包茎やカントン包茎の人にとっては、先ほど言った通り包茎を治療して性交時の問題を解消させる事に大きな意味があります。
そしてその意味ある手術を果たせば、パートナーとスムーズに性交するという目的を達成出来ます。
言うまでもなく男女のパートナーにとって、性交が出来ないというのはとてつもなく大きな障害になってしまいます。
もちろん包茎だと炎症が溜まる、性病の危険性がある、清潔さを保てないというデメリットがあるので、それらを解消する事も目的にはなります。
しかし性病や炎症はそうそう起きる問題では無いので、やはり性交の問題が一番現実的な悩みになるのです。

重度の包茎なら早いうちに手術を

クリニックで包茎を手術するなら、確かに費用はかかるし術後のアフターケアなど手間もかかります。
しかし性交に支障を来たす包茎は早く治療しないと、性交がスムーズに出来ないしコンプレックスや自信喪失に繋がる恐れもあります。
なるべくコンプレックスなどに繋がらない内に手術をして、少しでも悩みの種は潰しておいた方が良いでしょう。

新着情報

◆2015/12/24
包茎を手術する意味と目的についての情報を更新しました。
◆2015/12/14
包茎手術の種類についての情報を更新しました。
◆2015/12/14
度合いについて知っておこうの情報を更新しました。
◆2015/12/14
自分で包茎の治療をするのは危険!の情報を更新しました。
◆2015/12/14
誤解してはいけないポイントの情報を更新しました。